条件に優先順位を付けてみよう

賃貸物件探しを行う際には不動産屋を利用する方法が一般的ですが、最初からあれこれ条件を並べても単なる面倒な顧客と思われかねません。そこで、希望の条件を一覧として書き出して更に優先順位を付けて探してみると良いでしょう。なぜなら、全ての条件を満たした部屋は意外と少ないので、家賃予算が無制限という一部の富裕層を除いて予算内で収めるためにはどこかを妥協しなければならないからです。中には条件を出してみたものの必須では無いものまで含まれていることがあります。

敢えて条件を緩和してみると良い理由とは

希望条件の数が多いと検索する際にフィルタリングして紹介する部屋を不動産屋では探します。案内された資料を確認すると、情報量に差があることを何度か賃貸物件を借りたことがある人なら分かりますが、初めてでは気が付かないでしょう。実は、不動産屋では自社が直接オーナーから入居人探しを依頼されている部屋以外であっても、全国の不動産屋が依頼されている部屋を紹介することで仲介手数料収入を得ています。条件で絞り込みをする際には、情報が少ない部屋は自動的に弾かれてしまう恐れがあります。

予算上限は低めに伝える

不動産屋に仲介してもらい部屋を借りる際には、予算上限を低めに伝えておくことが重要です。なぜなら、不動産屋は仲介手数料が家賃の半月分以内を貸主と借主の両方から受け取り可能なものの、合わせて上限家賃1ヶ月分となっているからです。特約を結ぶことで貸主が本来負担するべき仲介手数料を借主が支払うことも出来ますが、本来は例外的な規定に過ぎません。家賃が1,000円でも高い部屋を仲介出来れば不動産屋の利益につながるので最初に伝える予算は吊り上げを見越して数千円少なく提示すると良いです。

江別の賃貸は今若者の間でとても人気があります。なぜなら治安が良く、なおかつ家賃も安いところが多いと評価されているからです。