そのときの家族構成に合わせた間取りが選べる

家族構成、つまり家族の人数はライフステージにより変化していくものです。

親元を離れての一人暮らし、夫婦二人での暮らし。子どもが生まれてからの暮らし。そして、子どもが巣立った後の老夫婦二人での暮らし。

その時々の家族構成に適した間取りがありますよね。

家を購入してしまうと、出産や子どもの成長に応じて部屋や収納が不足しても、改装して部屋数を増やすのは簡単ではありません。

反対に、子どもが独立して家を出てしまえば、広いだけの家は掃除や維持が大変になります。

賃貸なら、そのときの家族構成に合わせて間取りを選ぶことができます。

家族にあった環境を手に入れられる

引っ越しをするときは、転居先の治安や交通の便の良さだけではなく、病院やスーパーなどの周囲の施設の充実度も気になります。

特に子どもがいる家庭では、車の交通量の多い道路に玄関が面していないか、近くに安心して遊ばせることができる公園や信頼できる小児科があるか、通学する学校の校風など、理想的な環境であるかがポイントになりますよね。

どうしても環境になじめなかったら、より良い環境を求めて引っ越せるのも賃貸ならではの魅力です。

万が一、賃貸の設備を壊したら・・・?

多くの賃貸物件で、退去時の原状回復が義務付けられています。

ただ、入居時にすでに取り付けられていたエアコンの修理は家主持ちですし、クロスなども経年劣化したものについては請求されません。

意外と見落とされがちなのが、アクシデントで設備にダメージを与えてしまったときに、入居時に加入した火災保険や家財保険で補償されるケースがあります。破損してしまった場所、日付、写真で状態を撮影して保険会社に問い合わせると、保険の対象になっている可能性があります。

慌てずに確認してみてくださいね。

室蘭の賃貸物件に関して言うと、付近の大学や専門学院に通う人に向いている物件があります。1Rで1万5千円から探すことができますので、自分たちの求めるものに合わせて選択できます。