ツーバイフォー工法とは

ツーバイフォー工法という言葉は知っていても、どのようなものなのか内容までは知らないという人も多いのではないでしょうか。ツーバイフォー工法はアメリカを中心として広まっている工法で、最近は日本の住宅でも増えてきました。2インチ×4インチという角材を基準として家を建てて行くので、ツーバイフォー工法と言われています。日本では木造枠組壁構法とも言われることがあるようです。

品質が安定しているのが魅力

ツーバイフォー工法は品質が安定しているという魅力があります。昔から日本の家作りとして行われてきた在来工法は、熟練した技術が必要です。ツーバイフォー工法は用いられる角材の規格が統一されているだけでなく、釘の大きさや打ち込む間隔まで様々なことが細かく決められています。経験や技術で左右されない家作りが行えるので、ツーバイフォー工法は職人さんの腕に左右されず、品質が安定している工法と言われているのです。

耐震性にも優れている

日本で家を建てる上で特に「耐震性」というのは気になるところです。できるだけ地震に強い家にしたいという人に、ツーバイフォー工法はおすすめとなっています。ツーバイフォー工法は別名、木造枠組壁構法と言われているように壁と床という面で家を支える工法です。日本で昔から行われてきた在来工法の場合、梁と柱で家を支えることになります。ツーバイフォー工法のように面ではなく点で家を支えるため、在来工法は地震のときに揺れやすいようです。もちろん、ツーバイフォー工法でも地震に備えて家具を固定するなどの対応は必要ですが、耐震性に優れているというのは大きなメリットと言えるでしょう。

マイホームにこだわりがあるなら、名古屋の業者に依頼するという方法があります。和風や洋風はもちろん、天然素材にこだわった住宅なども建設可能ですから、名古屋の注文住宅は満足度が高いと評判です。