鉄骨造で建てるメリット

戸建は木造住宅が主流ですが、鉄骨造に力を入れているハウスメーカーのCMを見る機会が増えてきているので、気になってきた方もいるのではないでしょうか。鉄骨は高層の建物や空間の広い建物に使われるのが一般的です。というのも、躯体は耐火壁を使わず、軽量な柱と梁のみで構成できるからです。耐火壁がいらないとなると開口部の位置の自由度が高いですし、また丈夫な鉄骨によって柱の数が少なくて済むため、部屋の空間を広く取れます。

一般住宅を鉄骨造にするメリットは、部屋の間取りをより自由に決められる、広い部屋を設けられる、天井を高くできる、といった点が挙げられます。窓を大きく設けたいときにも最適な造りで、すっきりとシャープなデザインの住宅にしたい方におすすめです。

他の建て方と比べたときのデメリット

木造やコンクリート造で注文住宅を建てるときよりも、鉄骨造は施工費が高くなるのが一般的です。坪単価の目安は木造59万円、コンクリート造61万円、鉄骨造83万円となっており、30坪に建築する場合、木造と比較すると約720万円の差が出るということになります。ただし建物の法定耐用年数は木造22年、鉄骨34年となっているため、一概に高額であるとは言い切れません。また、木造のようにカビやシロアリなどの被害を心配しなくて済むでしょう。

それから、耐火壁が不要ということで壁が薄くても施工できてしまうので、断熱性や防音性が低くなりがちです。北国でなくても断熱施工が一般化しつつありますが、特に暖かい地域では設計時に確認することをおすすめします。

横浜の注文住宅に関心がある時は、工務店と念入りな打ち合わせをすることが大事です。特に、予算について十分に話し合いましょう。費用を抑えたいなら、素材を慎重に選ぶことがコツです。