駅近物件に潜むデメリット1

駅から近い物件はすぐに電車に乗れることもあって交通の便が良く、さらに駅周辺には商業施設が集まるため生活するうえでも便利なため昔も今もとても人気があります。しかしながら、すべての人たちにとって良い環境というわけではありません。駅から近い物件にもいくつかのデメリットがあります。それらをあらかじめ把握していないと予想外のデメリットを実感し、住まなければよかったと後悔する可能性もあります。
まず駅周辺に住んでいると、とにかく騒音に悩まされる可能性が高いです。駅から近いので当然電車の走行音や踏切の音は大きいですし、商業施設が多いため人の通りが絶えることが無いばかりか、お店が深夜まで開いている場合は深夜になっても人の話し声がなくならなかったりします。

駅近物件に潜むデメリット2

そして、駅の近辺は立地条件が良いことから出来るだけ多くの建物を建てようと、建物が密集する傾向にあります。自分が住んでいるマンション以外にも、近くに別のマンションが建築されている可能性は高いです。また商業施設も近所にたくさん建つこともあって、自分の部屋の窓を開けると他人と目が合うという状況に陥りやすいです。また、すぐそばに駅ビルや高層マンションなど高い建物が建っていたり建築されたりすると日当たりが悪くなって、昼間でも一切日光が入ってこないというケースもあります。利便性よりも住環境を重視しているという人の場合、駅から近い物件はメリットよりもデメリットの方が目立つこともあります。

千歳の賃貸を探しているなら、セキュリティ対策を重視している物件を選びましょう。防犯カメラが設置されている物件ならば、防犯面において安心です。