初期費用を抑えられる

賃貸オフィスは自社ビルと比べた場合、圧倒的に初期費用が安く済むのが魅力と言えるでしょう。所有物件を手に入れるほどの資金的余裕がない時にも最適で、ベンチャー企業にもよく選ばれています。物件は数多くあり家賃帯も様々ですので、その時の経営状況に合わせたランクのオフィスを選択することが可能です。ただし、家賃がずっと掛かり続けるため、長い目で見ると高く付く可能性も否めません。長期的な視点で賃貸オフィスを選ぶべきなのか、それとも所有オフィスとすべきなのか、適切な判断が求められます。

オフィスの移転を行いやすい

移転のしやすさにアドバンテージがあるのも賃貸オフィスのメリットですね。事業内容の変更や社員の増加などで、今の物件では不都合があるという状況も起こり得ます。そのような時でもフットワーク軽く、オフィスを変えていくことが可能です。しかも最初から業務に必要な設備が付いている物件も多く存在するため、移転後もスムーズに営業を行っていくことができますよ。

好立地の物件から選択できる

事業において立地の良し悪しは重要な問題ですよね。しかし、好立地の物件はすでに埋まっていることが多く、新規で土地を獲得することも難しいでしょう。その点、賃貸オフィスなら好立地を選べるチャンスが多いです。例えば駅近といった人気の物件も賃貸として用意されているため、最適な場所で営業を行えます。とはいえ、好立地の物件はライバルも必然的に多くなります。人気の場所ですと、空きが出てからすぐに埋まってしまうことも少なくありません。物件探しの際には常にアンテナを張り、素早く行動をすることが大切です。

中央区で賃貸オフィス物件のニーズは高く人気があることから、他エリアに比べ賃料相場も高くなっています。