建築制限を確認すること

注文住宅を建てようとする際にまず必要となるのは土地ですが、一から土地探しをするのであれば建築制限を把握しておくことが必要不可欠です。建築制限にも様々なものがありますが、まず押さえておくべきは建ぺい率と容積率となります。建ぺい率とは、土地の面積に占める建物の平面積の割合、建ぺい率とは土地の面積に占める建物の総床面積の割合です。いくら理想の立地の土地を見つけたとしても、30坪の土地の建ぺい率と容積率が、それぞれ40パーセントと80パーセントであれば、そこに20坪の平屋や、各階15坪の2階建住宅は建てられないため、そういった制限については最初に確認しておくべきことと言えます。

間取りプランを決めてから土地探しをすること

次に、土地探しをする場合には、間取りプランをある程度固めておくべきです。上述のように、土地には何らかの制約が付されていることが通常であり、プランが白紙だと、その制約が受容できるものかどうかが判断できないためです。ただし、あまりに間取りを固めすぎると後から土地に合わせて実際にプランニングする際に融通がきかなくなる恐れがあるため、土地探し時のプランはざっくりした内容で構いません。

建築会社と一緒に探すこと

不動産のルールは一般人では理解できないような複雑なものが多くあります。そのため、自分だけで探していたのでは、買った後で思わぬ障害が見つかり、こんなつもりではなかったということになりかねません。そのため、なるべくトラブルを避けるには、ルールに精通した建築会社と一緒に見て回ることをお勧めします。

ローコスト住宅は名前の通り、安い費用で建てられる住宅となっていますので家計への負担が少なく人気があります。