駅という設備が持つ二面性を考える

マンションを購入するときに検討する項目の一つとして、利便性が挙げられます。最寄りの駅からの距離が代表的なものです。駅が近いことの優位性は、まず通勤や通学に便利なことが挙げられます。これは誰でも思いつくことであると言えます。朝であれば、時間にゆとりを持って準備することができますし、帰宅時間が遅くなるときも、駅にさえ到着すればあっという間に帰宅することができます。その利便性の高さから、中古物件として売り出すときも人気です。そのため、売りたいときに売り手が見つかりやすいことや、価格の下落を最小限にすることもできます。ただ、メリットばかりではなくデメリットもあります。それは騒音の問題です。駅が近いということは、どうしても音の問題が発生します。路線によっては深夜遅くまで運行していることも珍しくありません。そのため、騒音というデメリットを上回るメリットがあるかをよく検討することが大事です。

どのメリットを最優先にするかということ

利便性は駅だけでなく、日常生活を送りやすいかということも挙げられます。主婦目線であれば、スーパーマーケットやディスカウントストアが近くにあるかということ、子供目線であれば学校までの距離や通学路の安全の状態、さらには遊べる公園の数などがあります。すべてが満足できるように立地してあれば理想的ですが、必ずしもそうではありません。その場合、どこの項目を優先するかをよく検討する必要があります。それは家族構成によって異なります。

これから宇都宮のマンションを借りようと思っている人は、宇都宮で実績のある不動産屋へ相談して探してもらうと良い物件が見つかります。