希望する別荘地の地理的条件を見極めよう!

別荘地を選ぶ基準は人それぞれ。夏場の避暑地として山麓や高原の別荘地を選ぶ人もいれば、趣味の釣りやサーフィンのために、海のそばに別荘を構える人もいることでしょう。ただし別荘地を選ぶにあたっては、その土地の地理的条件を十分に把握する必要があります。山麓や高原の別荘地であれば、夏場は涼しいかもしれませんが、冬場は凍結や雪対策などによって、予想以上に管理コストがかかることがあります。また海から近い場合には、別荘の建物が海水や潮風によって腐食が進み、メンテナンスの手間やコストが大きな負担になることもあります。したがって、希望する別荘地を見つけたら、まずは周辺の地理的条件をよく調べ、メリットとデメリットを洗い出すことが大切です。その上で、自分の目的にマッチした別荘地を選ぶのがベターです。

別荘地のインフラ環境が快適さを左右する!

別荘地の地理的条件に加え、道路や上下水道といったインフラ環境がどのくらい充実しているのかも、選ぶ際の重要なポイントになります。別荘の土地や建物を取り巻くインフラ環境が不十分であると、快適な生活を維持できなくなってしまうからです。そこで別荘地を選ぶ際には、上下水道がしっかり整備されているか、あるいは別荘地へアクセスするまでの距離や時間あるいは道のりがスムーズなのか等、予めよく調べる必要があります。またスーパーやコンビニさらには病院など、生活に必要なお店や医療機関がそばにあるのかという点も、別荘地のインフラ状況を含めて、しっかりチェックすることが肝心です。

北杜市の不動産物件を購入後、生活には車が必需品です。日々の生活に必要な買い物をするためのスーパーや病院なども近隣にないことから、購入後の生活には車所有は必須です。